熊本電子ビジネス専門学校

電ビブログ

 

ドット絵を競ってみました!

dot_rogo.jpg

はじまりはゲームプログラムの先生からの1つの依頼でした。

ある日、「2Dゲーム用のドット絵を描いてくれないか?」というお話がありました。

なんでも、ゲームプログラマコースの2Dゲーム課題で今使用しているサンプルのグラフィックがあまり良くないのだとか。

最初は私だけで何か制作しようと考えましたが、せっかくなのでCGクリエイターコースの学生に聞いたところ「やってみる!」というチャレンジャーが現れ、そこからなぜか非常勤講師のO先生まで参加するということになり、それぞれにドット絵の制作を開始!

というわけで、私も含めて急遽グラフィック制作の競い合いとなりました! Σ(*゚Д`;)アレ?

ドット制作の期限は1週間。その間に以下の仕様のモノを制作するということでスタートしました。

〇仕様

・画像の大きさは全て50px × 50px      

・ドットアニメーションは基本的に2枚で表現 (無視している人もいますが・・・)

・プレイヤーキャラ 1体      ・敵キャラ 2体(歩行タイプと遠距離攻撃タイプの2種類)

・遠距離攻撃用の玉 (プレイヤーも遠距離攻撃できる仕様なので、敵キャラと併せて2種類)

・背景は1ブロックだけ作成 (1つの画像を使いステージを作成します)

というように、基本的な条件はこんな感じです。

今回は講師、学生関係なく容赦しないというスタンスで制作。。。

O先生からは「完膚なきまでに圧倒的な差をつけてやる!」という発言も(笑

(私も含めて大人げないという気もしますが・・・)

そして、1週間後に出来上がったのが以下のような素材です!

dot_Asset.jpg

似たようなものがあるかな?とも思いましたが、見事に三者三様のテイストに。

これだけ素材が揃うと結構な見応えありますねぇ。

ちなみに、上から学生G君、講師のO先生、私です。

・・・なんだかこう見ると、私の素材が少ないため頑張ってない感じありますが背景の方で頑張ってます(汗

そして、ゲームプログラムの先生に素材を渡してさっそくゲームに組み込んでもらいました!

Dot_Game.jpg

いかがでしょうか?

基本操作やゲーム性は全く同じなのですが、グラフィックが変わるだけで全然印象が違いますね。

改めて見た目って大事だなと感じました。

この課題に取り組むゲームプログラマコースの学生にはぜひ頑張って制作してもらいたいですね!

また、こんな競い合いがあればブログにアップしたいと思います!

お楽しみに!

ちなみに勝負なので、どれが一番良いかは新学期にでも学生達に決めてもらいたいと思います(笑

gifアニメーション記事を追加しました!

  • 新着情報
  • Posted by 下川