熊本電子ビジネス専門学校

電ビブログ

 

インスタに投稿した写真をTwitterでも写真付きで投稿する方法

インスタに投稿した写真をTwitterでも写真付きで連携して投稿する方法

インスタ投稿時にSNS連携はできるけど、Twitterの場合は連携して投稿してもツイートにインスタのURLが入るだけで写真が表示されないし、メディアに写真が追加されない。

そこで、インスタ内のシェアを使わずにIFTTT(イフト)というWebサービスを使ってTwitterでも写真付きで投稿できるようにしてみましょう!

そうすれば、2回同じ投稿をしなくても済みますし、パケットも無駄遣いしなくて済みますよ!

 

その前に、IFTTTって・・・

IFTTTとは、 if this then that の頭文字をとったもので、あるWebサービスでこうされたら、別のWebサービスにこうしてくださいといった感じでWebサービス同士を連携させることができるWebサービスです。

世の中、SNSや様々なWebサービスがありますが、1つのWebサービスだけではできないこともあります。そんな時、WebサービスとWebサービスを繋ぐためのWebサービスがIFTTT(イフト)です。Wikipediaには次の様に書いてあります。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。

 

ということで、IFTTTのアカウントをお持ちでない方は、IFTTTに登録(Sign up)してください。なお、アプリもある様ですのでパソコンをお持ちでない方はアプリをダウンロードしてからどうぞ。
※IFTTT登録やWebサービスの連携において、いかなる場合でも一切の責任を負いませんので自己責任でお願いします。

▼PC画面
IFTTT

▼スマホアプリ画面
IFTTTスマホアプリ

 

登録が完了したらサインイン(ログイン)し、メニューの中から「My Applets」を選択します。

▼PC画面
My Appletsをクリック

My Applets画面に移動したら、ここで「New Applet」を選択します。
スマホアプリの場合は、「」アイコンです。

New Appletボタン

 

▼スマホアプリ画面
IFTTTスマホアプリ サインインとMy Applets

My Appletsには、自分で制作したものが表示される場所ですが、最初はサンプルが表示されているかも知れません。

 

▼PC画面IFTTT +this

次に表示されるのがこの画面ですが、初めてで何も説明がなければ何をしていいか分からないかもしれませんが、ここでは「+this」を選択します。まずは最初に実行するWebサービスを選択します。

 

▼PC画面IFTTT サービスを選択

検索フォームの下に選択できるサービスのアイコンが表示されていますが、探してクリックするより素直に検索フォームに入力した方が早いです。サジェスト機能があり入力するたびにサービスのアイコンが絞られていきます。

 
▼スマホアプリ画面
IFTTTスマホアプリ 連携の起点を設定

スマホアプリも同じで「+this」をタップします。スマホアプリはPC版とサービスの並びが違いますね。

 

IFTTT インスタグラムと接続

IFTTTで初めてインスタグラムを使う場合は、アカウントの接続を行います。

Connectをクリックするとポップアップでインスタグラムの接続確認画面が表示されます。

 

 

▼PC画面IFTTTトリガーの選択

次にインスタで何をした時に連携を行うのかを選択します。写真の投稿全てで連携を行うのであればAを選択します。特定のハッシュタグをつけた時だけ連携を行いたい場合はB選択します。※スマホアプリの方ではハッシュタグを付けた連携で説明しています。

 

▼スマホアプリ画面
IFTTTスマホアプリ インスタ側の設定

New Photo by you with specific hashtag」を選択すると特定のハッシュタグを付けた時だけ連携を行えます。ここでは「tw」にしておきます。

 

▼PC画面IFTTTアクションの選択

 

IFTTT サービスの選択

Twitterを選択します。

 

▼スマホアプリ画面
IFTTTスマホアプリ 連携先を設定

+that」をタップして、Twitterを選択します。

 

IFTTT Twitterと接続

IFTTTで初めてTwitterを使う場合は、アカウントの接続を行います。

ConnectをクリックするとポップアップでTwitterの接続確認画面が表示されます。

 

▼PC画面IFTTT アクションの選択

Post a tweet with image」を選択します。

 

▼PC画面
IFTTT Twitterの投稿設定 

 

あともう少しです!

ここでは、ツイートに含める情報を設定します。何もない限りはこのままでOKだと思います。

ちなみに Caption は、インスタ投稿時に入力された文字です。

「Add ingredient」をクリックすれば、Caption以外にも追加することが可能です。

これでOKであれば、「Create action」をクリックします。

 

▼スマホアプリ画面
IFTTTスマホアプリ Twitter側の設定

スマホアプリでも「Post a tweet with image」を選択します。 

 

 

finish

最後に「Finish」をクリックすれば完了です。

 

試してみたところ、なかなかTwitterに反映されないのでダメなのかと思ったら、タイムラグがあるみたいです。数分で反映される時もあれば数十分後忘れた頃に反映される場合もある様です。慌てず待ってみましょう。

IFTTT連携確認

全ての投稿を連携したくない場合は、ハッシュタグ付きを選択しましょう!

facebookは、インスタ標準のシェアで写真付きで投稿されるので、これでTwitterもバッチリですね!これで、インスタとTwitterに2回投稿しなくてもOKなので時間とパケットの節約が可能です♪タイムラグが無ければもっと良いんですけど。

インスタグラム、IFTTT、Twitter連携なお、IFTTTを使って連携する場合は、インスタ投稿時にTwitterをシェアする必要はありません。

  • その他
  • Posted by 大西
最新の記事
ITビジネス科1年生、屋内での人物撮影にチャレンジ!
屋外での人物撮影(2018写真講座 vol.2)
東京研修2018レポート(東京ゲームショウ)
専各連体育大会が開催されました(^O^)♫
IB17 LINEスタンプ Vol.2
カテゴリー
新着情報
学科(系別)
学生作品
専門情報
電ビ情報
カテゴリを追加
月別アーカイブ